歷史小說
分享到:

第3部:妖孽宮廷 第五章 武林大會

所屬目錄:明朝那些事兒    明朝那些事兒作者:當年明月

  要說這成化年間的朝政,用一個詞就可以完美地概括和形容——一塌糊涂。

  這一點也不奇怪,朱見深同志的領導水平實在對不起人,他連自己的老婆都管不住,怎么管得住身邊的秘書們?

  在這種情況下,成化年間的政治頓時變得異彩紛呈,黑暗無比,而涌現出的各個政治流派更是多姿多彩,百花齊放,聚集在這個混亂的江湖中,召開了一場花招層出不窮、犯規屢禁不止的武林大會。

  下面我們開始介紹參加武林大會的各大門派(排名不分先后)。

  春派全稱:春藥研究派。

  掌門:梁芳。

  門下弟子構成:術士、番僧。

  獨門絕技:化學物品研究(春藥,現俗稱偉哥)、生理衛生知識研究。

  仙派全稱:修道成仙派。

  掌門:李孜省。

  門下弟子構成:和尚、道士。

  獨門絕技:煉丹(屬化學門類)、修道。

  監派全稱:內監宦官派。

  掌門:汪直、尚銘。

  門下弟子構成:太監。

  獨門絕技:地下工作(特務)、打小報告。

  后派全稱:后宮老婆派。

  掌門:萬貴妃。

  門下弟子構成:宮女、太監、外戚。

  獨門絕技:一哭二鬧三上吊(此絕技經過長期演變,現已普及使用)。

  混派全稱:混日子派。

  掌門:萬安。

  門下弟子構成:文官集團。

  獨門絕技:混日子、彈劾(告狀)。

  這就是當時縱橫江湖的五大門派,要訴說他們的來歷瓜葛,您且上坐,聽我慢慢道來:

  什么是江湖?有人的地方就有江湖。

  話說兩千多年前絕世高手嬴政一統武林,榮任第一任武林盟主之后,江湖便陷入了眾派林立、腥風血雨的光輝歲月。

  在眾多的門派中,資格最老、水平最高的是兩大門派——監派和后派。

  這兩派的地位大致相當于少林和武當。其中后派的歷史學名叫做外戚,監派的歷史學名叫權閹。

  兩派雖然都服從武林盟主(皇帝)的調遣,但從掛牌子成立那天起,就是不共戴天的死敵,此消彼長,你死我活,幾千年來就沒消停過,而兩派門中也都是高手輩出。

  比如監派的趙高、單超、李輔國、魚朝恩以及后派的呂后、楊堅、韋后等人,全部都是縱橫一時的高人,為本派爭得了極大的榮譽。兩派在斗爭之余,偶爾也會攜手合作,一旦這種情況出現,武林盟主便會趁機混水摸魚,不斷在兩派間挑起是非,以維護自己的盟主地位。

  當然了,有時候如果盟主武功不高,也有可能被這兩派的高手取而代之,如楊堅就成功地脫離后派,成為新的武林盟主。

  到了成化年間,這一情況并沒有改變,后派和監派仍然水火不容,而其他門派也趁此機會,開張的開張,壯大的壯大,這就是我們之前介紹過的另外三派。

  春派是后派的附屬門派,春派掌門人梁芳原先是后派掌門萬貴妃的物品采購員,由于膽大心黑,敢于中飽私囊、貪污公款,工作干得十分出色,被提拔為春派掌門,自立門戶。

  這里還要表揚一下梁芳同志的刻苦認真態度,大家知道他是研究春藥的,但他干這行也真不容易,因為他本人是個宦官,在看得見吃不著且理論脫離實際的情況下,能夠如此賣力工作,著實體現了卓越的鉆研精神和職業素養。

  這是春派,下面我們說仙派。

  仙派也是一個歷史悠久的派別,該門派最出名的人物應該就是秦朝那個據說去了日本留學的徐福,而到了成化朝,仙派也出人頭地了,該派掌門李孜省原先在江西衙門里當小公務員,后來改行去京城北漂,順便也干點詐騙的活兒。

  后來他在行騙過程中遇見了春派掌門梁芳,就當了梁掌門的隨從,而梁掌門對他也甚是欣賞,支持他另立門戶,發揮特長,為盟主朱見深煉丹修道,從而一舉打響了仙派的威名。

  接著是鼎鼎大名的監派,此派在明代極為興盛,前有鄭和、王振,后有劉瑾、魏忠賢,可謂人才濟濟,而在成化朝,這一派卻出現了分裂。

  如同華山派有氣宗和劍宗一樣,監派也分裂成了東監派和西監派,兩大掌門各行其是,彼此之間斗爭激烈,東監派掌門尚銘根基深厚,秉承傳統,不斷壯大本派的傳統附屬企業——東廠,腳踏實地做好刺探情報、誣陷忠良的特務工作。

  而西監派掌門汪直,自從被韓雍大軍帶到京城,挨了一刀變成宦官之后,奮發圖強,打破傳統發展模式,積極進取(拍馬屁),努力爭取盟主朱見深的信任,并以人無我有、人有我優的創新精神在西安門開辦了西廠,他的辦廠準則可以用一句話概括——“沒有最壞,只有更壞”。

  后派就不用多介紹了,成化年間的萬貴妃可謂一女當關,萬夫莫敵,她不但是后派掌門,還是武林盟主朱見深的老婆兼保姆,獨門招式枕頭風和枕頭狀橫掃武林,無人能擋。

  最后是混派,此派原叫臣派,本是與監派、后派齊名的大派,門下出過無數如李斯、霍光、房玄齡、王安石、三楊之類的絕頂高手,可是到了此任掌門萬安的手中,門庭冷清,萬掌門武藝稀松,除了堅持練習磕頭功和拍馬功之外,沒有什么其他的本事,逐漸成為了后派和監派的附庸,直到十幾年后,這種情況才得到了改觀。

  綜上所述,成化年間的武林形勢是這樣的,后派和春派、仙派是同盟關系,可稱之為泛后陣營。監派內部存在矛盾,對外則與后派同盟敵對,最窩囊的是混派,無論監派后派它都不敢得罪,派如其名,只能乖乖地混日子。

  以上就是武林五大門派的情況,相信你已看得出,這些都是所謂的邪派,如果你還在等待著名門正派的出現,恐怕就只能失望而歸了,因為此時江湖的情形完全可以用一句話來概括:

  這年頭,沒有好人了。

  【五派風云錄】

  各派都到齊了,好戲也就該上演了。

  春派掌門梁芳,卓越的藥品批發商,物品采購商,他的發家之路主要有兩條,其一是送禮給萬貴妃,此外就是制造春藥送給皇帝,兩面討好,大家都喜歡他,所以在一段時間里他十分得勢。

  他雖身為宦官,卻并非監派成員,當時的宦官首領司禮太監尚銘和懷恩都曾試圖收編他,梁芳的回答卻是:你算老幾?一邊涼快去吧。

  他仗著有人撐腰,大肆侵吞財物,朱見深同志的內藏原本有很多私房錢,可沒過幾年,就被這位仁兄用得干干凈凈,氣得盟主大人幾天吃不下飯。

  但梁掌門也有一個好處,由于他本人讀書少,沒什么見識,和王振、魏忠賢等人比起來,檔次差得太遠,除了撈錢之外,也就是幫萬貴妃去后宮墮個胎,更大的壞事他也干不出來(不是不想,實在是水平不高),他萬萬沒有料到,自己做過的最有影響的事情竟然是招募了一個人。

  這個人就是后來的仙派掌門李孜省。

  如果要問五派中誰最受朱見深的寵信,估計很多人會回答是后派或者監派,但實際上,朱見深最看重的恰恰是這個不起眼的仙派掌門李孜省。

  對這一點,實在不必吃驚,朱見深的心聲可以明確地告訴我們原因:

  我真的還想再活五百年!

  春藥也好,耳目也好,老婆也好,只要有這條命在,隨時都可以再找。

  生命是最寶貴的,朱見深明智地認識到了這一點。

  所以,號稱可以長生不老的李孜省自然成了朱見深的寵臣,而他本人也可謂再接再厲,不滿足于用修道成仙糊弄盟主,在煉丹的同時還在生產線上加入了副產品——春藥,開始搶自己老領導梁掌門的生意。

  這樣一來,多面手李孜省就成了炙手可熱的人物,混派的掌門萬安和大弟子劉吉、二弟子彭華都是靠他的關系才進入內閣,做大官的。

  可這位掌門并不滿足,他還打算跨行業發展,竟然把手伸到了特務工作上,自己組織人員為盟主大人探聽消息,這下子可算是捅了馬蜂窩,東廠西廠的眾多特務們都眼巴巴地靠著這行吃飯呢,你李孜省算是個什么東西?!竟然敢打破壟斷,搞競爭!

  監派掌門尚銘、汪直卷起褲腿,抄起家伙,準備向這個無名小卒發動進攻。

  可是斗爭的結果是他們意想不到的。

  李孜省和太監的斗爭就放到后面吧,先說其他兩個門派。

  后派就沒有什么可說的了,萬貴妃仍然過著她的日子,三天兩頭巡視后宮,然后心有不甘地凝視著太子東宮的方向,僅此而已。

  下面輪到混派出場了,我個人認為,這是最有趣的一個門派。

  在成化五年(1469)之前,內閣是一個莊嚴神圣的地方,那時的內閣成員是商輅和彭時。

  商輅也算是老熟人了,早在北京保衛戰時,他就露了一次臉,站出來支持于謙的主張,但他更出名的還是他的考試成績——連中三元。想當初鄉試發榜的時候,榜剛剛貼出來,人家還在瞪大眼睛找名字,他隨便看了一眼,就打道回府睡覺去了。同鄉問他怎么不找自己的名字,他若無其事地指著榜單說道:

  “費那功夫干啥,排最上面那個不就是我嘛!”

  除去靖難時被朱棣打擊報復、刪去名字的黃觀,他是明代唯一一個完成這一高難度動作的人,事實證明,他的為官也十分優秀,而彭時也是狀元出身,為官清正,在他們的帶領下,大明帝國有條不紊地向前行進。

  就在這個時候,萬安進入了內閣。

  萬安,四川眉州人,正統十三年(1448)進士,這位仁兄書讀得很好,當年高考全國第四名,位居二甲第一,可惜從他后來的表現看,他實在是應試教育的犧牲品,高分低能的典型代表。

  他入閣后,不理政務,只是一門心思地干成了一件事——拉關系。

  他充分地使用了自己的姓氏資源,竟然和萬貴妃拉上了親戚。

  什么親戚呢?

  據萬安同志自己講,萬貴妃的弟弟的老婆的母親的妹妹是他的妾,這可是了不得的近親啊!

  于是他跑到萬貴妃的弟弟家,聲淚俱下地認了這門親事,并光榮地宣布:我萬安終于找到親人了!

  無論親戚是真是假,萬安確實獲得了提升的機會,成化十四年(1478),商輅退休回家,萬安成為了內閣首輔。

  從此,在他的“英明”領導下,文官團體的歷史進入了一個新的時代——混派時代。

  【外號黨】

  混派與別派不同,承蒙江湖各位人物看得起,混派的許多精英都被賦予了外號。叫起來甚是響亮,不可不仔細談談。

  混派掌門萬安,江湖人送外號“萬歲閣老”。

  成化七年(1471),萬安和內閣其他兩名成員商輅、彭時前去拜見朱見深,商討國家大事,彭時開口剛談了幾件事,正說到興頭上,突然聽見旁邊大呼一聲:

  “萬歲!”

  回頭一看,萬掌門已經跪在地上磕頭了。

  商輅、彭時瞠目結舌,呆了一會兒,無奈地嘆了口氣,也跪了下來,磕頭叫道:

  “萬歲!”

  這奇怪的一幕之所以會發生,完全是因為萬安的那一聲萬歲,這關系到一個嚴肅的禮儀問題。

  在清代,官員之間商談事情,若端起茶杯,就意味著本人不想再談,請你走人,即所謂端茶送客。

  而明代面圣也有著一套禮儀,朝見完畢,口呼萬歲,這意思就是皇上再見,俺們下次再來。

  萬掌門不知是不是急著上茅房,沒等談幾句,匆匆忙忙地喊了再見,搞得內閣極為尷尬,成為了滿朝文武的笑柄,故而有了這個光榮的稱號“萬歲閣老”。

  混派大弟子劉吉江湖人送外號“劉棉花”。

  劉吉,河北人,正統十三年(1448)進士,是萬掌門的同期同學,成化十一年(1475)成為內閣成員,這人品行和萬安差不多,但還有一點要強于萬安——臉皮更厚。

  明代彈劾成風,言官也喜歡管閑事,劉吉這種人自然成為了言官們的主要攻擊對象,可這位仁兄心理承受力好,言官說了什么權當沒有聽見,所以江湖朋友送他一個雅號“劉棉花”。

  何意?

  棉花者,不怕彈也!

  混派跟班小弟倪進賢江湖人送外號“洗鳥御史”。

  倪進賢,安徽人,半文盲,拜入萬掌門門下,系關門弟子,身無長物,卻有著一個祖傳秘方,據說配成藥粉溶于水后,可以治療ED(學名),萬掌門估計親身試驗過,所以一喜之下,讓這位兄臺干了個御史。

  要是換在今天,他大可不必去干什么御史,投身醫藥界,必定能興旺同類行業,勝過輝瑞公司,為國爭光。

  考慮到他對萬掌門的巨大貢獻,江湖朋友十分尊敬地送給他一個外號“洗鳥御史”。

  內閣中碩果僅存的劉翊,基本上也是每天混日子,至于下面的六部尚書,著實不愧為混派的優秀弟子,秉承門派章程,每日坐在衙門里喝茶聊天,啥事也不干,嚴格遵守門規。

  由于成化內閣及各部官員的優異表現,人民大眾特別授予他們集體榮譽稱號:

  內閣三成員集體獲得“紙糊三閣老”光榮稱號。

  六部尚書集體獲得“泥塑六尚書”光榮稱號。

  這是群眾給予他們的肯定。

  嘆服,嘆服,都是些什么玩意兒!

  下面我們講最后一個門派——監派,之所以把它留在最后講,是因為成化年間最大的黑幕、最狠毒的人物都由此派而起,卻也由此派而滅。

  【汪直的奮斗史】

  在韓雍帶回來的那一大群俘虜中,汪直并不是一個顯眼的人,也沒什么特長,咔嚓之后老老實實地做了宦官,不過他的運氣很好,在宦官培訓完畢分配時,他有幸被分到了后宮侍候皇帝的一位妃嬪——萬貴妃。

  事實證明,雖然汪直沒有啥才藝技術,但他的服務態度是十分端正的,服務水平也很高,哄得萬貴妃十分開心,一來二去,萬貴妃就推薦汪直到朱見深那里繼續培養深造,而汪直也著實不負眾望,步步高升,最終成為了御馬監的太監。

  我們曾經介紹過,御馬監是僅次于司禮監的重要部門,能爬到這個位置,可以說已經是宦官中的成功人士了,可是汪直并不滿足,他又把手伸向了皇宮內最為神秘的太監管理機構——東廠。

  汪直自發組織人外出打探消息,匯報京城及各地的一舉一動,表現自己的情報收集能力,就是希望朱見深能夠把東廠的控制權交給他。一時之間,京城內外四處都是汪直的便衣密探,沒日沒夜地打探消息,抓人關人,勢頭非常之猛。

  有了這些“政績”,汪直便得意洋洋地去向朱見深匯報,準備接手東廠這個明朝最大的特務組織,干一把地下工作。

  盟主大人聽取了他的報告,給予了高度的評價,并表示希望他繼續努力,可盟主似乎講上了癮,在上面長篇大論,講得頭頭是道,就是不說關鍵問題,汪直跪得腿發麻,終于忍不住插話:

  “皇上,東廠的事情應如何辦理?”

  盟主被打斷了發言,卻并不生氣,只是笑著擺擺手說道:

  “那個人干得還不錯,就這樣吧。”

  汪直的東廠夢想就此破滅。

  盟主口中的“那個人”就是現任東廠掌印太監尚銘,這可不是一個簡單的人。

  尚銘入宮很早,辦事十分利落,性格極其謹慎(注意這個特點),東廠在他的手下搞得有聲有色,為了擴大財源,他還干起了副業——綁票敲詐。

  尚掌門有一個公認的閃光點——對待工作認真負責,對他的副業也是如此,他一上任,就搞了一個花名冊,上面一五一十地記載了京城各大富戶的地址、家庭環境,并就財富多少列出了排行榜。

  同時他還有著扎實的哲學功底,始終堅信世界是一個聯系的整體,所有的事情都是有聯系的,每當東廠有了案件,他都會把這些富戶和案件聯系起來,并且逐個上門抓人,關進大牢,讓家人拿贖金來才放人。

  這實在是一件十分缺德的事情,但出人意料的是,雖然他一直這樣干,名聲卻還不錯,許多人談到他還時有夸獎,著實是一件十分奇怪的事情。

  這是因為尚掌門還有一個很大的優點——講究誠信。他雖然綁票,卻從不虐待人質,而且錢到放人,從不撕票,和他打過交道的人質家屬也不禁如此感嘆:收錢就辦事,是個實誠人啊。

  此外他雖然劫富不濟貧,卻也不害貧,從來都只在富戶身上動手,不惹普通百姓,在中下層群眾中間很有口碑。他資歷很高,卻從不欺負后輩,人緣很好,還經常給盟主大人和后宮萬掌門送禮,群眾關系也不錯。

  這樣的一個人,汪直自然是扳不動的。

  可是汪直實在是一個很執著的人,他下定決心要打破尚銘的壟斷,開創特務工作的新局面。禁不住他的反復要求,成化十三年(1477),朱見深終于特批汪直開辦新型企業——西廠。

  新官上任的汪直對此傾注了全部的心力,他立刻頒布了廠規和指導方針,大致可以概括為:

  東廠害不了的,我們害;東廠整不死的,我們整;東廠做不到的,我們做!

  此后,西廠特務就成為了死亡的代名詞,他們比東廠手段更為狠毒,一般百姓進了西廠幾乎就等同于進了鬼門關,壓根兒就別想活著出來。京城上下人心惶惶,談虎色變。

  西廠日以繼夜辛勤工作,可不久之后,汪直卻郁悶地發現,無論業績還是名聲,他的西廠始終趕不上東廠。這是很自然的,畢竟東廠有著悠久的歷史和特務文化積淀,短時間內西廠確實望塵莫及。

  汪直是一個不服輸的人,他不愿意屈居在尚銘之下,也不愿意等待,為改變這一局面,他發動下屬提合理化建議,并虛心采納意見。

  很快,一個下屬給他出了一個主意,要想快點壓過東廠,就得解決幾個重量級的人物,這樣才能短時間內打出威信,打響西廠品牌。

  事后證明,這是個餿主意。

  可是汪直卻覺得這個建議十分好,立刻準備付諸實施。

  方針已經確定,那么拿誰開刀呢?

  汪直冥思苦想,終于找到了一個當時誰也不敢惹的人物,他決定首開先例,用來樹立自己的威信。

  這位即將倒霉的仁兄叫覃力鵬,也是個太監,他雖然不在京城,卻是除汪直外,地位僅次于司禮太監懷恩和東廠太監尚銘的第三號人物,時任南京鎮守太監。

  明代雖然遷都北京,但南京依然是明朝都城,南京鎮守太監向來就是一個十分重要的職位,而且覃力鵬背景深厚,和許多皇親國戚都有私人關系,雖然經常違法,卻從來沒有人敢找他的麻煩。

  可是這次汪直決定麻煩一下他,雖然同是太監,但為了西廠的品牌,只好犧牲老兄你了。

  他打定主意,馬上動起手來,收集了很多覃力鵬的罪證(那是相當容易),東扯西拉的,竟然搞出一個罪當斬首的結論。

  覃力鵬萬沒想到,汪直竟敢拿他開刀,可這位仁兄也實在不是好欺負的,他連夜派人入京,做了一番工作,結果大事化小,被批評了兩句也就算了。

  汪直沒有打垮覃力鵬,卻也得到了朱見深的表揚,被授予敢于辦事、公正無私的稱號,受到領導稱贊的汪直頓時精神煥發,接連搞出了幾件莫名其妙的事情。

  首先是幾個刑部官員,剛剛從外地出差回來,一進京城就被西廠的人逮捕,放進牢里猛打了一頓,也不說他們犯了什么法,就又被釋放出獄。搞得這幾個人稀里糊涂,還以為是在做夢。

  之后是一個外地的布政使進京辦事,還沒等找地方住下,也被西廠的人拉去打了一頓,吃了幾天牢飯。

  這當然都是汪直指使的,他的行為看似很難理解,其實只是想證明一點:

  他能夠在任何時間,以任何理由,解決任何人。

  此時的汪直內有皇帝的寵信,外有西廠的爪牙,在很多人看來,他已經是一位不折不扣的成功太監。

  可是汪直并不這樣認為:

  成功?我才剛上路哎。

  他沒有滿足于目前的業績,謙虛地認為還需要不斷地進步,為了更好地確定自己的權威,他決定尋找第二個重點打擊的目標。不久后,他找到了。

  這次被盯上的人叫做楊曄。他本人雖然只是個小官,名氣不大,卻也不是等閑之輩,他的曾祖父就是大名鼎鼎的“三楊”中的楊榮。

  由于在家惹了麻煩,他和他的父親楊泰一同來到京城暫住。

  對汪直來說,這是一個絕好的機會,這一次,他準備大干一場。

  當然,他不會想到,這件事情最終也解決了他自己。

  汪直派人逮捕了楊曄和他的父親楊泰,關進了大牢。

  在牢里,汪直耍起了流氓。他下達命令,給楊曄表演了東廠樂隊的拿手節目“彈琵琶”。

  所謂“彈琵琶”,并不是演奏音樂,而是一種獨特的行為藝術。

  具體說來,是用利刃去剃人的肋骨,據說行刑之時痛苦萬分,足可以讓你后悔生出來。這一招當年開國時老朱也沒想出來,是東廠的獨立發明創造。

  可憐楊曄先生,足足被彈了三次,體力不支,竟然就死在了監獄里。

  汪直卻并不肯善罷甘休,一定要把事情做絕,他接著安插罪名,判處楊曄的父親楊泰死刑,斬首。

  此時的西廠也已經囂張到了頂點,比如楊曄的叔父楊仕偉,時任兵部主事(正處級),西廠沒有辦理任何法律手續,逮捕證也沒一張,就跑到他家里去抓人,半夜三更,搞得雞飛狗跳,住在旁邊的翰林侍講陳音聽見動靜,十分惱火,拿出官老爺的派頭,隔著墻大喝一聲:

  “你們這樣胡作非為,不怕王法嗎?!”

  可對面的西廠特務倒頗有點幽默感,也隔墻答了一句:

  “你又是什么人,不怕西廠嗎?!”

  事情鬧大了,汪直卻滿不在乎,畢竟楊曄本人也不是什么了不得的人物,可后來事情的發展徹底打破了他的幻想。

  他沒有想到,雖然楊榮已經死去多年,但威信很高,是文官集團的楷模,他的子孫出了事,大臣們怎肯甘休!

  第一個做出反應的是內閣首輔商輅,他派人查明了楊曄的冤情,召集內閣開會,痛斥汪直的罪行,并寫了一封奏折給朱見深,要求廢除西廠,罷免汪直,其中有一句非常厲害的話:

  “不驅逐汪直,天下遲早大亂!”

  朱見深發怒了,他雖然脾氣溫和,看到這句話也氣得不行,大叫道:

  “用一個太監,也會天下大亂嗎?!”

  他十分激動,立刻叫來身邊的人,傳達了他的口諭:

  “讓商輅明白回話,到底是誰指使他的!主謀是誰!”

  朱見深很少發火,但發起火來絕不善罷甘休,按照常理,商輅要吃大苦頭了。

  但他這次的運氣實在不錯,因為奉命傳旨的人,是司禮太監懷恩。

  懷恩,山東人,本姓戴,宣德年間,因父親涉罪抄家,他被逼入宮成為宦官,改名懷恩,歷經三朝,最終成為了手握重權的司禮太監。

  這是一個十分關鍵的人物,正是他多次挽救了時局,并在最后時刻力挽狂瀾,將朱祐樘送上了皇位。

  懷恩奉旨出發了,他剛剛領教了朱見深的怒火,卻沒有想到,在內閣等待著他的,是另一個更為憤怒的人。

  懷恩來到內閣,剛好商輅、劉吉、萬安等人都在,他便二話不說,傳達了朱見深的口諭:

  “奏折是誰寫的,何人指使?!”

  這是兩句十分嚴厲的問話,說明皇帝生氣了,后果很嚴重,可商輅卻出乎所有人的意料,他不但沒有絲毫畏懼,反而拍案而起,大聲說道:

  “奏折是我寫的,也是我主使的,那又如何!你就這樣回復皇上好了!”

  “汪直不過是個太監,竟然敢私自關押處死朝廷官員,擅自調動邊關將領和內宮人員,讓他這樣放肆下去,天下必定大亂!不除汪直,王法何在!”

  商輅這一激動,內閣的全體成員也跟著激動起來,你一言我一語大有鬧事的苗頭。

  關鍵時刻,懷恩保持了鎮定,他安撫了商輅等人,即刻緊急回復朱見深,轉述了商輅的回復,希望朱見深認真考慮。

  聽完了懷恩的匯報,朱見深感到了一絲恐懼,他意識到,商輅是對的,汪直已經成為了一個有威脅的人,必須采取行動了。

  不久之后,朱見深下諭,罷免了西廠,將汪直逐回御馬監。

  對于內閣來說,這是一次了不起的勝利,商輅等人彈冠相慶,高興萬分。

  但與此同時,御馬監太監汪直卻并不沮喪,因為他十分清楚,軟弱的朱見深不會堅持多久,他仍然需要自己,不久之后,他就能回到原來的位置。

  【汪直的疏忽】

  汪直是對的。

  對于朱見深而言,正確還是錯誤、忠臣或是奸臣,都并不是那么重要,童年時候的經歷給朱見深打下了深刻的烙印——過得舒舒服服就好。

  所以他需要的并不是在背上刻字的武將,也不是在朝廷上罵人的文官,他只喜歡一種人——聽話的人。

  汪直是一個聽話的人,不但老老實實地伺候朱見深,還能夠提供各種娛樂服務,這樣的人上級自然不會讓他閑太久。

  于是不久之后,西廠重新開張,汪直也成為了新任廠長。

  汪直又一次達到了他太監生涯的頂峰。

  然而不久之后,他就犯了一個錯誤,一個他的先輩曾經犯過的錯誤。

  和王振一樣,汪直也有著一個橫刀立馬的夢想。

  既然是個太監,就應該踏踏實實地干好這份有前途的工作,可汪直先生偏偏要出風頭,但問題是當時邊界比較平靜,為了達到自己的目的,汪直貫徹了新的邊防方針:人不犯我,我也犯人。

  事實證明,汪直確實是一個不折不扣的孬種,他所謂的進攻不過是殺掉人家進貢使者,或是趁人家大人不在家的時候去騷擾一下老少婦孺。等人家來報復了,他又成了和平主義者,一溜煙地就逃了,可經過他這么三下兩下胡搞,韃靼和遼東各部落真的被惹火了,不斷地到明朝邊界找麻煩。

  朱見深納悶了,原本平安無事的邊境突然四處傳來戰報,他沒有相信汪直的鬼話,而是自己派人出去打聽,這才發現原來所有的事情都是汪直惹出來的,這下他火大了。

  朱見深同志要求不高,只想老婆孩子熱炕頭,過兩天安逸日子,沒事研究一下金丹春藥之類的化學制造,可是汪直偏偏不讓他消停,他開始對汪直不滿了。

  這種情緒很快被兩個人察覺到了,他們決定利用這個機會把汪直徹底打垮。這兩個人一個是李孜省,另一個是尚銘。

  他們兩個人決定拋棄以往的成見,精誠合作,尚銘尋找汪直的罪證,而李孜省則串通萬安上書告狀,雙方各司其職,準備著最后的攻擊。

  成化十七年(1481),機會來了。

  這一年,韃靼部落開始進攻邊境,朱見深接到消息十分不滿,立刻找汪直進見,直截了當地對他說:

  “你自己惹出的麻煩,自己去解決!”

  汪直大氣也不敢喘就連夜去了宣府,可當他到達那里的時候,人家已經搶完東西走了。汪直便急忙向皇帝打報告,說這邊已經完事了,我準備回去。

  朱見深同志回復:

  那里非常需要你,多待幾天吧。

  尚銘和李孜省敏銳地感覺到,汪直快要完了,他們立刻按照計劃發動了最后攻勢。一時之間,彈劾滿天飛,原本的優秀太監、先進模范突然變成了卑鄙小人、后進典型。朱見深立刻下令,關閉西廠,將汪直貶為南京御馬監。

  出來時還風光無限的汪直灰溜溜地去了南京,沿途風餐露宿,以往笑臉相迎的地方官們此時早已不見了蹤影,汪直已經沒有別的野心,只希望能夠安心到南京做個太監。

  可是我國向來都有痛打落水狗的習慣,尚銘還嫌他不夠慘,又告了一狀,這下子汪直的南京御馬監也做不成了,只能當一個小小的奉御,他又操起了當年剛進宮時候打掃衛生的工具,在上級太監的欺壓下,干起了雜務。

  成化初年進京成為奉御,成化十九年又被免為奉御,十余年從默默無聞到權傾天下再到打回原形,一切如同夢幻一般。

  明史沒有記載汪直這位風云人物的死亡年份,這充分說明,此人已經不值一提。

  汪直的離去,最為高興的自然是尚銘了,東西監派終于可以統一了。可他沒有想到,下一個倒霉的人就輪到自己了。

  要說仙派掌門李孜省也實在不夠朋友,當年彈劾汪直的時候,他就給尚銘準備了另外一份備用本,沒等過河,他已經準備拆橋了。

  很快言官們就把矛頭對準了尚銘,紛紛上書彈劾他的罪行,于是尚銘掌門終于也被盟主大人廢了武功——去明孝陵掃地。

  仙派和后派打倒了顯赫一時的監派,成為了武林的主宰,當然了,這兩派也不是啥好東西,江湖還是那個江湖,但就在一片黑暗之中,光明的種子開始萌芽。

  說來可笑,親自播下這種子的居然是李孜省,因為正是拜他所賜,尚銘和汪直才被趕走,從而使得另一個人登上了掌門之位,這個人就是司禮監懷恩。

  懷恩敏銳地抓住了時機,安排自己的親信陳準登上了東廠廠公的位置,全面掌握了監派的大權,小心地保護著光明的火種,等待著時機的到來。

  【堅持到底】

  我一直認為,好人和壞人是不能用職業以及讀書多少來概括的,飽讀詩書的大臣有很多壞人,而以文盲居多的太監里也有很多好人,鄭和自不必說,而成化年間的懷恩也是其中的優秀代表。

  他本來出生于官宦之家,衣食無憂,卻飛來橫禍,父親罷官,家被抄,他自己被送進宮內,強行安排做了宦官,最缺德的是,皇帝陛下竟然還要他感激涕零,賜了個叫“懷恩”的名字。

  在這樣的境遇下成長起來的懷恩,如果盡干壞事,那實在是不稀奇的,可怪就怪在,這位仁兄卻是個不折不扣的好人。

  在鬼哭狼嚎、妖風陣陣的成化年間,他和商輅努力支撐著大局。

  但懷恩要比商輅聰明得多,他早就看出了這黑暗時局的真正始作俑者不是梁芳,不是李孜省,甚至也不是萬貴妃,而是軟弱的朱見深。

  因為這亂七八糟的五派都是為皇帝服務的,春派給他提供化學藥品,仙派為他求神拜佛,監派為他打探消息,后派照顧他的生活,混派拍他的馬屁。只要朱見深還活著,這出丑劇將一直演下去。

  所以當商輅心灰意冷、退休回家時,懷恩依然堅持了下來,因為此時的他已經找到了破解這片黑幕的唯一方法——朱祐樘。

  他曾與后宮的人們一起保守過那個秘密,也經常去看望這個可憐的孩子,在張敏說出實情的時候,他主動站了出來,為此作證,他見證了朱祐樘的成長,并且堅信這個飽經苦難的少年一定能夠成為他心目中的明君英主。

  他最終沒有失望。

  但此時,上天似乎認為朱祐樘受的磨難還不夠,于是,它為這個孩子安排了最后一次,也是最為致命的一次考驗。

  事情是由一次談話開始的:

  成化二十一年(1485),三月。

  朱見深又一次來到后宮的內藏庫查看他的私房錢。由于忙于煉丹等重要工作,他已經很久沒有來過了,可當他打開庫門時,眼前的景象讓他大吃一驚。

  他立刻下令:

  “把梁芳叫來!”

  梁芳來了,朱見深沒有說話,只是讓他自己往庫門里看。

  里面空空如也。

  十余年之前,這里還曾堆滿金銀財寶,一個質樸的小姑娘在這里默默地工作。如今已經是人去樓空。

  朱見深指著庫房,冷冷地說道:這些都是你花的吧。

  按說盟主發怒了,梁掌門就應該低頭認罪了,可這位仁兄竟然回了一句:

  “這些錢我可是拿去修宮殿祠堂,給皇上祈福了。”

  花了錢還不認賬,把皇帝當冤大頭!

  這下盟主大人火大了,氣得滿臉通紅,可他憋了半天,卻冒出了一句匪夷所思的話:

  “我不管你,將來自然有人跟你算賬!”

  這句話大概類似現在小學生打架時候的常用語:你等著,我回家叫人來打你!

  盟主混到這個份兒上,也真算是窩囊到了極點。

  朱見深忿忿不平地走了,可是在梁芳的耳中,這句話的意思發生了變化:

  “我管不了你,將來我的兒子會來對付你!”

  好吧,既然這樣,就先解決你的兒子。

  梁芳明白,要想達到這個目的,必須得到一個人的幫助,于是他跑到后宮,找到了萬貴妃。

  自從十年前的那次失敗之后,萬貴妃已沉默了很久,但她對朱祐樘的仇恨卻一點也沒有消散,梁芳的建議又一次點燃了她復仇的火焰。更重要的是,她殺死了朱祐樘的母親,一旦朱祐樘登基,她是不會有好下場的。

  不能再等了,趁這個機會徹底打倒他吧,否則將來我們必定死無葬身之地!

  這一年,她五十五歲,他三十八歲,朱祐樘十五歲。

  雖然已經年過半百,萬貴妃的枕頭風依然風力強勁,在她的反復鼓吹下,朱見深終于下定了決心。

  在做出決定的前夕,朱見深做出了一個關鍵的決定,他找到了懷恩,想找他商量一下執行問題。

  “我想廢掉太子,你看怎么做才好。”

  跪在地上的懷恩聽見了這句話,卻沒有說話,只是脫下了自己的帽子,向朱見深叩首。

  朱見深等了很久,也沒有回音。

  “為什么不說話?”

  “請陛下殺了我吧。”一個低沉的聲音這樣回復。

  “為什么?”朱見深驚訝了。

  “因為陛下的這道諭令,我不會遵從。”

  “你不要命了嗎?”朱見深憤怒了。

  懷恩抬起頭,大聲說道:

  “今日我若不為,陛下殺我,但我若為之,將來天下人皆要殺我!”

  “是以雖萬死,亦不為。”

  朱見深驚呆了,這個平日恭恭敬敬的老太監竟然來了這么一手,他以更為兇狠的眼神盯著懷恩,卻發現毫無效果。懷恩那平靜的眼神沒有絲毫的慌亂。

  朱見深突然發現,雖然他是皇帝,主宰著千萬人的生死,卻戰勝不了眼前的這個人。

  一個人要是不怕死,也就沒有什么可怕的了。

  他萬般無奈之下,只好對懷恩說:

  “這里不用你了,回中都守靈吧!”

  所謂中都,就是老朱的老家鳳陽,當時已經比較荒涼了。懷恩絲毫不動聲色,也沒有求饒,只是磕了個頭,謝恩之后飄然而去,只留下了無計可施的朱見深。

  但是懷恩的執著并沒有能夠打動朱見深,在萬貴妃的不斷鼓吹下,他仍然決定廢掉太子。

  事情到了這個地步,也真算是無計可施了,朱祐樘先生唯一能做的也只能是對天大呼一句:

  “天要亡我!”

  沒準他還真的喊過,因為不久之后,老天爺也看不下去了,進來摻和了一把。

  成化二十一年,四月,泰山地震。

  古代雖然沒有地震局普及科學知識,但地震也算是司空見慣的常事了,沒有啥稀奇的,可這次地震實在不一般。

  要知道,這次地震的可是泰山,那是古代帝王封禪的地方,秦皇漢武才夠資格上去,光武帝同志斗膽上去了一次,還被人罵了幾句。

  朱元璋一窮二白打天下,天不怕地不怕的人,也沒敢去干這項工作。

  用現在的話來說,這座山有著重要的政治意義。

  朱見深有點慌,他立刻派人去算卦,看看到底哪里出了問題,結果那位算卦的鼓搗了半天,得出了一個結論:

  “應在東宮。”

  這意思就是,泰山之所以地震,是因為東宮不穩,老天爺發怒了。

  朱見深一聽這話,馬上停止了他的行動,他還打算長生不老呢,老婆可以得罪,老天爺不能得罪。

  就這樣,朱祐樘在上天的幫助下,邁過了最后一道難關。

  但此時的朝政之黑暗,已經伸手不見五指。朱見深雖不廢太子,也不怎么管理朝政了,梁芳肆無忌憚地貪污受賄,李孜省肆無忌憚地安插親信,混亂朝綱,萬安則是肆無忌憚地混日子。

  五大派失去了所有的管制,開始了任意妄為的瘋狂,但這一切不過是黎明前的最后黑暗,因為光明即將到來。

  成化二十三年(1487)春,朱見深終于遭受了他一生中的最大打擊,萬貴妃在后宮去世了。

  這個陪伴了他三十八年的女人終于離開了,無論風吹雨打,她始終守護在這個人的旁邊,看著他從兩歲的孩童成長為四十歲的中年人,從未間斷,也從未背叛。

  “我會一直在你身邊陪伴著你。”

  整整三十八年,她履行了自己的諾言。

  她并不是什么十惡不赦的壞人,只是嫉妒的火焰徹底地毀滅了她的理智,對她而言,朱見深已成為她生命中不可或缺的一部分,她不能容忍任何人把他搶走。

  卑劣、殘忍、惡毒不是她的本性,卻是她必須付出的代價——為了她的愛情。

  朱見深徹底崩潰了,幾十年過去了,春藥、仙丹早已毀壞了他的身體,萬貴妃的死卻更為致命地摧毀了他的精神,他登上了皇位,成為了統治帝國的皇帝,但他的心靈仍然屬于三十多年前的那個孤獨無助的孩子,需要她的照顧。

  謝幕的時候終于到了,你雖然先走一步,但你不會寂寞太久的,很快我就會來陪伴你。幾十年后宮的你爭我奪,其實你并不明白,即使你沒有孩子,也沒有任何人可以取代你在我心中的地位。皇位和權勢對我而言并不重要,我也不感興趣,我所要的只是你的陪伴,僅此而已。

  結束吧,讓一切都回到事情的起點。在那個時候,那個地方,只有你和我。

  成化二十三年八月,朱見深病倒,十日后,不治而亡,年四十一。

  朱見深是一個奇特的皇帝,在他統治下的帝國妖邪橫行,昏暗無比,但他本人卻并不殘忍,也不昏庸,恰恰相反,他性格溫和,能夠明白事理,辨別忠奸,出現如此怪狀,只因為他有著一個致命的缺點:

  軟弱。

  他不處罰貪污他錢財的小人,也不責罵痛斥他的大臣,因為他畏懼權力,畏懼懲罰,畏懼所有的一切,歸根結底,他只是一個想安安靜靜過日子的人。

  他應該做一個老老實實的農夫,或者是本分的小生意人,被迫選擇皇帝這個職業,對他來說,實在是一個不折不扣的悲劇。

  朱見深不是一個好皇帝,也不是一個好人,他是一個懦弱的人,僅此而已。

下一章:
上一章:

78 條評論 發表在“第3部:妖孽宮廷 第五章 武林大會”上

  1. 匿名 says:

    朱見深與萬貴妃

  2. 匿名 says:

    后宮的春華原形是誰呀?

  3. 天涯無憂人 says:

    人可柔,不可軟。

  4. 欣影 says:

    比金庸先生的武林更有趣。

  5. 無名 says:

    上面那位仁兄說的對。

  6. 笨蛋 says:

    這到底是戀母還是愛情!不過這么牛的愛,還是讓我感動,讓我覺得不可思議!一個皇帝,一個大17歲的老女人,后宮佳麗萬千! 神馬情況!

  7. 匿名 says:

    懷恩還是挺偉大的

  8. 匿名 says:

    作者對萬妃的評價說的真客觀。

  9. 執巨杖的獄卒 says:

    為什么自朱棣之后。皇帝都那么短命。 太監因為比別人少一件東西 精神總那么不正常 尼瑪的愛情 戀母情結很糾結 偉哥是從萬老媽開始的

  10. ; 看看看 says:

    地對地導彈

  11. 黨政軍 says:

    金庸先生自己編的還是可以,比如楊過和小龍女,喬峰和阿朱……至于當年先生在于對歷史加入了自己的見解,而且深刻。但是,不是他寫的。我沒有貶低當年先生的意思。

  12. 匿名 says:
  13. 匿名 says:
  14. 黨政軍 says:

    金庸先生是自己編的還是可以,比如楊過和小龍女,喬峰和阿朱……至于當年先生在于對歷史加入了自己的見解,而且深刻。但是,不是他寫的。我沒有貶低當年先生的意思。

  15. 匿名 says:
  16. says:

    朱見深是個心地善良的人,卻軟弱,他受過的苦讓他不忍心懲罰別人,卻造成了他不知道的慘劇

  17. 靈柩 says:

    這孩子,唉

  18. 凡人 says:

    朱見深在盛怒中也不處罰梁芳,很難理解。

  19. 匿名 says:

    看來朱棣的基因有點問題,明朝中后期皇帝都很短命。太子做太久和上臺吃丹藥固然有關系,不過個個都沒到40而亡。。雍正的情況也很類似,人好歹也活到57歲。

  20. 王錫爵 says:

    內閣三成員集體獲得“紙糊三閣老”光榮稱號。

      六部尚書集體獲得“泥塑六尚書”光榮稱號。

      這是群眾給予他們的肯定。

      嘆服,嘆服,都是些什么玩意兒!

  21. 王錫爵 says:

    2.匿名 說道:
    后宮的春華原形是誰呀: 莪來勂訴伱,鐺嘫嗉莪們旳紀鈷娘溇

  22. 匿名 says:

    懷恩很偉大

  23. 小熊 says:

    歷史當真令人嘆服

  24. 空空君 says:

    其實朱見深同志對她只有依賴和對她有安全感,其實并沒有什么實質的吧。當然,要說朱見深同志是愛萬妃的也不為過,畢竟在她十八歲的時候,還很善良啊。朱見深同志,好男銀!

  25. 123 says:

    看來明朝快沒救了

  26. 小豆 says:

    作者大人,偶愛你的文字,能不能按這寫法寫法寫個

  27. 屢試不爽 says:

    他始終不渝的愛她,假如沒有那段落魄,也不會有后來的結局,不管如何,在她死后,他很快追隨她而去,如果他們不是帝王,將成為千古佳話。

  28. wohade says:

    朱家全是他媽的一群短命鬼!

  29. a says:

    ca

  30. zsh says:

    朱棣的基因不如朱元璋的基因啊!
    不過,作為朱氏后代,我不同意上面那位仁兄說的“朱家全是他媽的一群短命鬼!”

  31. hhy says:

    環境養性格.性決做事的方法

  32. hhy says:

    環境養成了性格.性格決定做事的方法

  33. 千里流云 says:

    無言!@

  34. 英雄永流芳 says:

    朱見深和他父親朱祁鎮一樣,軟弱無能,偏偏命運卻讓他們成為皇帝,真是害人害己害社稷呀

  35. 捭闔第一 says:

    軟弱未你能成大氣!

  36. 藍卿 says:

    彈冠相慶是貶義詞吧,,形容壞人的。。

  37. 藍卿 says:

    朱見深哪里明辨是非了?他要是明辨是非就不會縱容,就不會任憑自己的軟弱拈輕怕重,顛倒黑白。 一個皇帝,必須要有足夠清醒的判斷力,可以沒有雄才偉略,但必須是個明白是非的人,否則,他只能被一浪一浪的讒言蠱惑,然后被朝廷的內斗斗到最后的那個人扳倒。

  38. 4556789* says:

    解釋:彈冠:彈去帽子上的灰塵。比喻一個人做了官,其他人互相慶賀,將有官可做,用于貶義。后指壞人得意的樣子。

  39. 隨便 says:

    好個五派

  40. 隨便 says:

    好個太監

  41. 匿名 says:

    好皇帝是什么樣的?

  42. 匿名 says:
  43. dfg says:

    gr

  44. 匿名 says:

    作者見解很深刻,并無虛造,明朝的后宮的確走這般故事!欣賞佳作!!!

  45. 土著 says:

    作者見解很深刻,并無虛造,明朝的后宮的確走這般故事!欣賞佳作!!!

  46. 黃來福 says:

    萬朱己去,光明即將到來

  47. 98833 says:

    一直聽到別人的結論對明的皇帝評價不高。看過這作者的文章覺得個個也不容易。生活環境決定了性格。。主要當初制定的制度有缺陷,政權交接的時候一定亂。造成新皇帝上任過程中周圍的人影響著對皇帝的性格。

  48. yi says:

    呵呵

  49. wo says:

    用現在的話說,朱見深就是個垃圾?

  50. ghg says:

    fghhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhgggggggggggggggggggggggggggggggggggggggg

  51. 臣派掌門張居正 says:

    萬豬滾蛋,侮辱我的臣派!

  52. 來聽聽 says:

    樓上的說的好!環境決定一個的性格。

  53. 過客 says:

    解讀歷史!妙趣橫生!百花齊放!爭先斗艷!其中味道!慢慢品來!

  54. 1234 says:

    nb

  55. 星旅行十二星座在囧途 says:

    sssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

  56. 明之興衰 says:

    朱元璋,朱棣的子孫讓我為太祖,成祖扼腕啊

  57. says:

    。。。。。。

  58. Jan Grant says:

    嘆息,嘆息,無話可說。

  59. 小老虎 says:

    繼承的弊端

  60. 朱老祖 says:

    子孫們,不要在鬧啦

  61. 吉林水妖 says:

    這是一部讓人能笑出聲來哭出淚來驚出汗來的好作品,剛看,遺憾看晚了

  62. 匿名 says:

    萬朱千古奇愛,催人淚下!

  63. 匿名 says:

    這才是真感情

  64. 匿名 says:

    可以拍一部宮斗劇

  65. 朱元璋 says:

    大明危矣。朕辛苦打下基業被毀了

  66. 匿名 says:

    萬貴妃的弟弟的老婆的母親的妹妹是他的妾,這可是了不得的近親啊!和劉備中山靖王一樣

  67. 朱美倫 says:

    那樣環璄,養大的孩。能不懦弱。。。。。這種代代相傳的規則,滅亡是自然。

  68. 匿名 says:

    成化年間這么亂,為什么沒有人造反?

  69. says:

    作者真是會融會貫通.

  70. 匿名 says:

    ED(學名)其實就是楊偉……英文全稱Erection Disease

  71. 匿名 says:

    可是據說憲宗有成化犁庭的壯舉,在他治下王越等猛將還是發揮了巨大能量的,他沒那么糟糕,清朝痛恨他犁庭壯舉,故此污蔑他的。

  72. 流浪的金豌豆 says:

    愿得一心人,白首不相離。固然我權傾天下,固然我軟弱無能,固然我生殺予奪,固然你心如蛇蝎,固然你芳華不再,固然你斷我承嗣,但我懂你,你也懂我,無所謂對錯,不許你三生相伴,只要你我今世相隨,等我,我們一起共赴森羅。

  73. 朱佑樘 says:

    奉天承運,太子詔曰:孤奉圣命,內閣大臣萬安擾亂朝綱、越制超權,斬立決!!!–欽此–

  74. 商輅 says:

    臣遵旨

  75. 萬安 says:

    臣冤啊

  76. 啊不會得到 says:

    我好奇,汪直不是嘉靖年間的嗎

  77. 妮妮 says:

    亂臣賊子····~~~~~

  78. 匿名 says:

    rkyry計劃缸發動機阿卡大客戶愛的好久京東客服颯發動機的福建安徽按甲方或家按計劃法國隊安建設按季度交話費導航和符合基金會嘉股份計劃房管局哈設計風格健身房哈代發貨的撒的發客戶是個好發貨計劃發噶基金會按計劃過付軍所付噶軍說群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群恢復規劃客戶打個凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群3凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群3QQ去去去去去去去去去去去凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群33333凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群3凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群錢親凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群錢凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群3凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群3凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群33凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群前期凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群QQ群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群親凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群凄凄切切群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群群

發表評論

本周熱門
隨機推薦
澳客pk10直播